英語でのアウトプットに慣れる

posted in: 塾長ブログ | 0
茅ケ崎市 小学生から英会話 出来るから。
英語は出来る、他の教科が難しくなる前に

英語に慣れる、
英語に親しむ、
英語が身近になる。

その為には、アウトプットする
事が大事です。

話したり、書いたりすること。
です。

一番良いのは、アウトプット
したいことがある事。
だた、これって、ハードルが高い。

なので、次善の策なのですが、
基本のルールに沿った文を、
話すこと(口に出すこと)
書くことを、ひたすら
練習することが、良いです。

ルールの中でも、
肯定文から、否定文と疑問文を
作るルール。

それが、話すこと、書くことの
練習に適しています。
ひたすらと言っても、、
Be動詞も一般動詞もあるし、
主語を変えて、三単現にしたり。
時制をかえたり、
助動詞を使ったり。
状態を表現する、分詞を使ったり。
それに、5文型があったり。
(「てにをは」が無い変わりに
語順だけで思いを伝える。)

など、
様々なバリエーションで出来ます。

WHY塾では、そんな風なことして
英語でのアウトプットに慣れて
いってます。

それで、英語でのインプットの
読むことや、聞くことに慣れて
いってますよ~。

WHY塾へのお問い合わせはこちらから。

茅ヶ崎市の個別指導塾
WHY塾 塾長
原 光浩

Leave a Reply

CAPTCHA