未来の教室

posted in: 塾長ブログ | 0
茅ヶ崎市 個別指導 WHY塾 未来の教室
未来の教室

未来の教室、
そこでは、生徒一人一人が
自分の学ぶべき単元を
自分のペースで学んでいる。

朝、小(中)学校に行って、
同じ学年のクラスメートと
ホームルームを共に過ごす。

でも、その後は、
各自の進み具合によって、
それぞれの教室に向かう。

だから、同じ5年生でも
中学校の勉強をしている
生徒は、その教室に行くし、
4年生の勉強をする生徒は
その教室に行く。

先生の役割は、進み具合の確認と、
次に何をやるべき事のアドバイザー。
そして、生徒がモチベーションを
持続するために、生徒と対話する事。

それさえも、人工知能(AI)に
置き換えられるかもしれないが。

未来の教室では、生徒が分かる
問題が出される。
それぞれの生徒に個別に。

そして、それが、少しずつ
ステップアップしていく。
それは、本当に、AIによって
なされていると思う。

分かる問題を、やっていくので、
「分からな~い。」
「教えて~。」
「教えてもらってな~い。」
は、もうない。

そんな、未来の教室、
イメージ出来ましたか?

WHY塾は、そんな未来の教室の
先取りしたいと思っています。

ただ、WHY塾では、AIも
コンピューターも使っていません。

未来の教室の本質って何でしょう?

コンピューターでも、AIでも
ありません。

それは、
生徒が分かる問題を提供し、
それを、少しずつステップアップ
していく事です。
それを、個々の生徒様に対して
個別に行う事。

繰り返しになるけれど、
「分からな~い。」
「教えて~。」
「教えてもらってな~い。」
は、ありません。

そんな事を、コンピュータではなく、
既存で最良と信じている
テキストを使って実現しています。

実際には、まだまだ、「教えて~。」は
あるのですが、それは、テキストに
プラスアルファの書き込みをして
テキストを改良していっています。

そんな未来の教室を、
一度、体験して下さい。

WHY塾への
お問い合わせお待ちしています。

茅ヶ崎市の個別指導
WHY塾 塾長
原 光浩

Leave a Reply

CAPTCHA