英語は、慣れるより学ぶです。

posted in: 塾長ブログ | 0
茅ヶ崎市 個別指導塾 WHY塾 英語は慣れるより学ぶ
英語は、慣れるより学ぶです。

習うより慣れろ。多くの場合正しいです。
僕達は様々な事を習うなんてを、
意識せずに身につけきたと思います。
日本語なんてまさしくそうですよね。

英語も言葉ですから、
「習うより慣れろ」って正しいと思います。

でも、日本語について、
「習うより慣れろだから、慣れろよ!」
なんて言われたことないですよね。

それなのに、英語では、
「習うより慣れろだから、慣れろよ!」
なんてことが、あるのではないでしょうか。

学校で、先生も友達も、算数や理科や社会の
教科書も宿題も全て英語ならば、慣れる
でしょう。
「慣れろ!」なんて言われなくても。

職場で、上司も同僚もお客様も協力会社も
全て英語ならば、慣れるでしょう。

ただ、そこまでの環境って今の
日本では、なかなかありません。

だからって、
「慣れろ!」って言われてもね~、です。

なので、今の日本で英語を身に付けるとなると、
「慣れるより学ぶ」にならざるを得ません。

何を学ぶかと言えば、英文法です。
英語の約束事です。

約束事が分かってくれば、約束事に沿う文章
読むことや、会話を聞く事が出来ます。

また、約束事に沿って、書いたり、話したりすれば
理解もされます。

日本語は、赤ちゃんの時から四六時中使って来ました。
だから文法なんて考えたことない、
でも、ちゃんと使える。

英語も言葉。文法なんて学ばなくても使える。
きっとそうです。
四六時中、使わざるをえない環境にあなたがいれば。

でも、そうでなければ、言葉は学ぶことが必要です。
なかでも、文法を学ぶことは効率が良いです。

英文法は、決して不要な長物などではありません。
とっても現実的で有用な道具です。

日本語と比較しながら、英文法を学べば
「へぇ~、こんな事も英語と日本語では
違うんだ。」と気付きの連続になると
思います。

その気付きの連続、つまりは理解が連続すれば、
英語の勉強が楽しくなると思います。

「慣れれば分かる。」からと言われて、英語は
覚えるものだ、っていう考えでは、
面白くなんてありません。むしろ苦痛でしょう。
英語がキライになっても、不思議では
ありません。

英語は外国語だから、気付きの連続になり易い、
楽しくなり易い。

そんな、「教科」でもあると思います。

英語という教科で気付きが連続すれば、
地理や歴史や数学だって、気付きの連続
になっていくと思います。

英語の学びを、そんな切っ掛けにも
して貰いたいと考えています。

WHY塾へのお問い合わせ、お待ちしています。

茅ヶ崎市の個別指導塾
WHY塾 塾長
原 光浩

Leave a Reply

CAPTCHA