WHY塾の夏期講習

posted in: お知らせ | 0
茅ケ崎市 個別指導塾 WHY塾 夏期講習
7/21~8/31 夏期講習

WHY塾の夏期講習は、7/21~8/31

毎日の通い放題 + 1日何時間でもOK
午前8時から午後8時(日曜休み)
教科(英数国)OK
25,000円の定額(消費税別)

詳細は、お問い合わせお願いいたします。

TEL 0467-38-8919

夏期講習への思い(向き合うチャンス)

みんなは、何に向き合う? 高校受験に向き合う、夏休み明けの期末試験に向き合う、大人と同様に自分自身に向き合うもあると思います。

でも、目の前にある問題文に、向き合うことも良いアイデアです。観点は2つ。

1つ目の観点は、テストの問題文もきちんと読んでいますか? どうせ分からないって思い込んでませんんか?

逆転の発想をして欲しいと思っています。学んだ結果が試験で試されるのではなく。試験というパズルを解くためにルールを学んでいる。という発想に。そうすると、「あ~テストか、イヤだな~。」ではなく。「よしテストか、力試しや、解いてやる。」って前向きになれる。

テスト問題には答えがあります。そうでないと採点が出来ないから。パズルと同じで答えがあるのです。答えを出すには、問題文(ルール)を先ずは分かる必要がある。

例えば、数学はルールの数が多いだけです。そのルールが積み上げだったりします。でも、積み上げだから、芋づる式に分かりもします。普段の学習はパズルを解く(問題を解く)ためのルールを学んでいるんですよね。そんな気持ちで「楽習」して貰えたらと思います。

2つ目の観点は、解き方が直ぐに思い浮かばい時に焦っていませんか?1つの考えで行き詰まったら駄目だ~って、思い込んでいませんか?

これもパズルと同じです。パズルも答えがすぐに出るとは限りませんよね。パズルなら様々な考えを試すのだけれど、テスト問題だと焦ってしまう。

1つ目の考えで答えが出なかったら、2つ目、3つ目の考えを試す。そんな風に目の前の問題文に向き合って欲しいと思います。

夏休みは、これらの向き合い方を身につけるチャンスです。なんと言っても長いから、時間というプレッシャーがありません。問題文に余裕を持って向き合うことが出来るし、それを解くためのルールもじっくり学べます。

実は、夏休みは基礎学力を鍛え直すにもうってつけです。問題文を読んだり、答えを導いたり、書いたりするには、読み書き計算が必要です。基礎学力と呼ばれています。例えば、理科は、問題文をきちんと読んで、理解するだけで、大きく得点が上がります。読み書きの力があれば良いのです。基礎学力の向上には、毎日コツコツ継続することが大切です。夏休みならそういう時間も取れると思うのです。

夏休みに向き合う事の1つとして、問題文に向き合うをして下さい。そして基礎学力も鍛え直す。みんなには、そんな夏休みにして欲しいと思っています。

詳細は、お問い合わせお願いいたします。

TEL 0467-38-8919

原 光浩

Leave a Reply

CAPTCHA